福岡マヤ暦  自己恋愛力を高めて楽しく生きる

「自分自身の事が大好きです!」と心から言えますか?言えない理由はなんでしょうか?「自分を自分で認めてあげる力=自己恋愛力」を高めて、肯定的に生きるヒントをお伝えしています。

みかん と 未完 と 完了 と

 

f:id:mmtce0906:20180707231006p:plain

 

こんばんは、百田知恵です

くだらないダジャレから始まりましたが(笑)

結構大事な事を話しますよ~^^

 

 

「未完了と完了と」 

 

 

例えば、

1000ピースの絵柄がない、真っ白なパズルを

与えられたとして

あなたは完成するまで頑張るタイプですか?

 

完成しなくても気にしないタイプですか?

 

 

 

聞いといてなんですが(笑)

どっちが良いとか、悪いとかを言いたい訳ではないのです

どっちもOK

 

 チャレンジした事に意味がある!という考え方もOKだし

完成させなきゃ何だか気持ち悪い!という考え方もOKなのです

 

 

 

だけど、どうしても

未完了で終わらせてはいけないことがあります

 

 

それは… 

感情を完了させること

 

 

 

感情を完了させるとは?

自分の感情を抑え込まず、きちんと出すこと

認め、昇華させることを言います

 

 

 

人間の行動原理として

4つの流れがあります

 

①気づく 

②行動

③完了

④気が済む

 

 

例えば こんな感じ

①気づき「のどが渇いた~」

②行動 「水を飲む」

③完了 「のどが潤う」

④気が済む「のどが渇いていた事を忘れる」

 

なんて単純★

 

だけど①~④まで

上手くできない時があるんですよね

 

それは、

②「水を飲みたいのに飲めない‼」という時

 

水が飲みたくて飲みたくて

のどの渇きが気になって仕方がない

…という未完了の思いが発生します

 

これが問題を引き起こすわけです

場合によっては「執着」と呼ばれるまでに

重い思いになります

 

 

 

①気付き「父母に甘えたい」

②行動 「父母に抱きつく」

忙しいから後でにして!と拒否される

あきらめる

甘えたい思いが未完了

甘えられていないので

甘えられるまで気が済まない(忘れられない)

周りの、誰かに甘えている人を見てイライラする

 

振り返ると、私はまんまと

このスパイラルにハマっているなー(^-^;

 

第2の城で

自分が心から求めていた事は

コレだったんだ!!!と気づきがありました

たった一言…

ある言葉を言ってもらっただけで

身体に電流が走った感じ…というか

細胞が喜ぶ感じを体感しました

 

恐らくずっと「求めていること」に気づかず

生きてきたんでしょう

 

「思い」って瞬間瞬間に生まれて消えてを

繰り返していると思うんですけど

案外、思いの裏に隠れた欲求に気づいてない事も

多いんじゃないかと思います

 

実際、私は自分がこんな欲求を抱えているなんて

気付いていなかったんですよ

だから気づいた時にビックリと納得と

なんだか不思議な感じでした

 

案外私たちは幼いころから感情を出すことを

抑圧された中で過ごしています

だから感情に鈍くなっていても仕方がありませんね

 

 

 

 

ここで、ふと疑問に思う

未完了を完了できない場合はどうするの???

 

 

父母に甘えたい思いを抱えていたとして

なかなか会えない環境だとか

完了することが難しい場合もあると思います

 

そんな時はイメージワークを行って下さい

 

イメージの中で

父母に思いっきり抱きしめてもらう

思いっきり甘える

思いっきり褒めてもらう

思いっきり我がままを言って、受け容れてもらう

思いっきり優しい笑顔を向けてもらう

 

そうすることで

未完了の思いを昇華させてあげることができます

 

もしかしたら話の流れでお気付きの方も

いるかもしれませんが…

よく言われる「執着を手放す」方法がコレです

 

執着を手放すって

イメージ的には言ってることはわかるんだけど

どうやるの!?って思いませんか??

少なくとも私は思っていました(^-^;

 

 自分自身が満たされて、執着からも解放されて

楽しい毎日を送るためにも

未完了の思いを完了させてあげましょう

 

 

ご自身での気づきが難しい場合

イメージワークが難しい場合

①気づき~④完了までお手伝いします

 

カウンセリング 30分¥3,000~

 

お問い合わせ・お申し込みはコチラ

mmtce0906@gmail.comまで

(対面・zoomを使用した遠隔可)